2012年01月30日

常識破りの剪定

昨日、剪定の指導をしていただきました。

講師は道法正徳さん。
全国各地にとどまらず海外でも指導をなさっており、植物ホルモンを活用した無肥料栽培を励行されています。

20120130.jpg

従来の方法では、桃の木を低く低くなるように整えていきます。


しかし!
今回指導していただいた方法では、これまでの方法とは違うことをします。

というか、全く反対のことをします。


とにかく枝を高く伸ばすようにするのです。
従来の剪定方法では切ってしまっていた枝をむしろ残していきます。

20120130-2.jpg
この枝が↓こうなります。
20120130-3.jpg

このように木を高く伸ばしてやることで、植物ホルモンが活性化され、桃の木が元気になるのです。

…と教えていただきました。



全く今までとは違う方法ですが、理論からしっかり教えていただいたので不安はありません。


とにかく今年の夏が楽しみです。

どんな桃が収穫できるのか、乞うご期待です!!


しかしその前に30本近い木の剪定を進めないといけませんが。
こちら岡山県北の勝央町、とにかく寒いです。

指導していただく間にもみぞれが降り…
毎朝出勤前には車の霜取りが必須です。

この寒さが良い桃を育てるのに一役かっているとは言え、戸外の桃畑での剪定作業はまるで修行…



でも!
皆さまにおいしい桃をお届けするために頑張ります!
posted by 木村もも園 at 10:40| Comment(0) | 無農薬・無肥料の桃
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: