2012年01月30日

常識破りの剪定

昨日、剪定の指導をしていただきました。

講師は道法正徳さん。
全国各地にとどまらず海外でも指導をなさっており、植物ホルモンを活用した無肥料栽培を励行されています。

20120130.jpg

従来の方法では、桃の木を低く低くなるように整えていきます。


しかし!
今回指導していただいた方法では、これまでの方法とは違うことをします。

というか、全く反対のことをします。


とにかく枝を高く伸ばすようにするのです。
従来の剪定方法では切ってしまっていた枝をむしろ残していきます。

20120130-2.jpg
この枝が↓こうなります。
20120130-3.jpg

このように木を高く伸ばしてやることで、植物ホルモンが活性化され、桃の木が元気になるのです。

…と教えていただきました。



全く今までとは違う方法ですが、理論からしっかり教えていただいたので不安はありません。


とにかく今年の夏が楽しみです。

どんな桃が収穫できるのか、乞うご期待です!!


しかしその前に30本近い木の剪定を進めないといけませんが。
こちら岡山県北の勝央町、とにかく寒いです。

指導していただく間にもみぞれが降り…
毎朝出勤前には車の霜取りが必須です。

この寒さが良い桃を育てるのに一役かっているとは言え、戸外の桃畑での剪定作業はまるで修行…



でも!
皆さまにおいしい桃をお届けするために頑張ります!
posted by 木村もも園 at 10:40| Comment(0) | 無農薬・無肥料の桃

2012年01月29日

剪定の指導をしていただきました

そろそろ剪定の時期です。

今まで、剪定はJAさんの剪定講習や書籍で勉強して見よう見まねで進めてきました。


しかし…いまいちよくわからず…

なんとなくこんな感じかな?と思いつつ枝を切っていました。


これでいいのかな?とも感じつつ。



そこで今日は剪定の講習をしていただきました。

20120129.jpg

ばっさばっさと枝を切っていきます。

これまでやってきた剪定の方法とは全く異なるやり方ですが、これなら大丈夫という確信を持って行えるので安心です。

もちろん、木村もも園が目指す"無農薬"さらに"無肥料"での栽培を見据えた方法です。



詳細はまた明日お伝えします!
posted by 木村もも園 at 20:58| Comment(0) | 無農薬・無肥料の桃

2012年01月22日

現在の桃畑は

相変わらず寒い日が続きます。

木村もも園のある岡山県北は、雪こそ降りませんが寒いです。


今は桃農家は閑散期で畑に行く回数もめっきり減っています。
そんな今の桃畑の様子です。

20120122.JPG

20120122-2.jpg

秋ごろからあまり変化なしです。

この寒さですが、畑の中に生えている草たちもそのままです。


今後は2月ごろから少しずつ剪定を始めていきます。
そして3月から4月にかけて摘蕾→開花と、少しずつ忙しくなりそうです。
posted by 木村もも園 at 15:54| Comment(0) | 桃栽培